4日目

本日4日目。あいにくの雨です。

今日は波多野さんと私共通の友人作家たち、ご一行様がご来店。
金子佐知恵さん(陶芸)、国分佳代さん(書)sun'ocoさん(硝子)、金井啓さん(陶芸)

プリズムでもお世話になっている作家さんたちです。
わいわい楽しいひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルヴァン個展終了。お礼。

土曜日をもちまして無事個展が終了いたしました。
足をお運びいただいた皆様、お声掛け応援して下さった皆様、ありがとうございました。

ルヴァン展に向け充分とは言えない準備(いつもばたばた)でしたが、出来うる限り頑張ったつもりです。
初めてのあかり制作も、まだまだ課題山積みとはいえなんとか形になり、いくつかお嫁に行きました。
とても嬉しいです。

可能な限り在廊させていただき、一人一人お客様ともお話できて、次へ向けての糧となる貴重なご意見を頂きました。
ルヴァンの鬼束先生、奥様のゆうさんともいろいろなお話ができ「ものづくりで子育てしてきた」大先輩を見習い、我が家もこの道で頑張って子どもを育てよう!と改めて決意したのであります。在廊期間、いい時間がたくさん流れていました。このような機会を頂き、先生どうもありがとうございました。

子ども達も私が忙しくしていた個展前から、その分お父ちゃんと結構一緒にいられたので楽しそうなのでした。

そしてそして、、

いつの間にか冬が来ていました。

こたつもクリスマスツリーも出さなくちゃ!
お正月もすぐにやってくるぞ!!年賀状だ!酉の市はすでに終わっちゃったよ!!次は羽子板市だ!!!(→大騒ぎ

冬服もまだ衣装ケースから引っ張りだしちゃあ着ているという有様です。

でもでも(薄着でも)心はなんだかほかほかです。


来年には少し新しい動きがありそうです。
また適当な時期が来ましたらお知らせさせていただきます。

まだまだ気持ちを前に前に。

本当にありがとうございました。
お礼まで。

井上 枝利奈

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内側から

地震やら原発やらで気持ちは上がったり下がったり。

でも4月入ってしまいました。桜も咲いてる。
やらねばなのです。後で泣きを見るのは確実です。

昨日恵比寿三越で戸田晶子ちゃんのガラスの展示、同じフロアで生島賢さん明水さんの展示を見てきました。

地震で気持ちも揺さぶられたことでしょう。そんな中準備したのでしょうね。
どちらも色あふれるガラス。春が、ガラスの季節が来てますね。
欲しいものたくさん。

人に会って、人の手で作られたものを触って、帰ってから菜の花をバターで炒めて食べて、体の中にも春を取り込んだ。

内側から元気にならないと。

お二チームの展示は本日が最終日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工房からの風

先日チーズ料理研究家のカーリーヌ食堂、狩野かおりさんに久々に会った。
かおりさんとは3年前の「工房からの風」で出品者として知り合ってからのおつき合い。

この日は不要になった作業台があるとのことでいただきに伺ったのだが、うれしいことに試作のクスクスをランチがてらご馳走になってしまった。
かおりさんはご自宅や出張で料理教室を開催したり、様々なイベントでチーズ料理やお菓子を販売したりするというご活躍。

フランスに単身料理修行で滞在したとき、ステイ先のマダムがモロッコ人だったとかで、モロッコ家庭料理もお得意。
野菜やお肉がどっさり載ったクスクスと、生のハーブティーにお砂糖をたくさんいれたモロカンティーをいただいた。
とってもおいしゅうございました。
Img_0272
工房からの風にかおりさんと私が出品した3年前には、食の部門もあったのだけれど、その年を持って食部門は終了。
確かに食べ物お目当てのお客様と工芸品お目当てのお客様、違うと思うんです。

食部門には長い列が出来てしまうし、そのうち売り切れたりして、そちらは早々からお客様はバタバタそわそわ。
そしてゆっくりと見てもらいたい作り手側。なんだかスピードが違います。

「イベント」とひとくくりにしてしまえば、お客様に楽しんでいただけたり、作り手が販売、収益を得られれば良しなのでしょうが、出品した私もひしひしと感じていたのは、「イベント、フェアー」ではなく「発表の場」であるということ。
食部門を否定しているのではなくて、それぞれに適した発表の場、仕方があるのではないか、ということ。

ともあれ早くも3年前。かおりさん含む素敵な出会いをたくさんもらいました。

主催者と、作り手の思いがぎゅっと詰まった「工房からの風」、今年ももうすぐですね。
楽しみです。

工房からの風→10/16.17 市川/ニッケコルトンプラザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋到来

台風が過ぎ去ってから涼しいですね。このまま秋に突入して欲しいものですがどうでしょう。
このところミーティングや打ち合わせなど、手を動かすよりも頭使って考えて〜の日々を送っております。
こんなのも良いですね。過ごしやすいしいっぱい掃除も出来て、珍しくおうちすきです。

今月はプリズム、常設展示で週末にオープンしております。
だんだんと温かな器などを中心に模様替えをして行きたいとたくらんでいます。
企画展は11月、ほかほかぬくぬくキラキラがテーマの展示を予定しております。

本日は12〜15時半まで。明日は12〜17時半までオープンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっそり日記

MITATE での展覧会中なこともあり、ほっとしているのか、暑さのせいか、このところハードだったせいなのか、、、、どんなことも言い訳にしたいほどこの数日は作業やる気なし。夏の間に納めなければいけない注文もあるけれど、、どうにもこうにもスイッチはいりません。ごめんなさい。

なので今日は珍しくブログを二つも更新しちゃう〜。

「願い事は口に出すと叶う」と聞く。
ガラス学校後輩の津村里佳さんのブログにこうかいてあった。

そうだよなあ。私も有言実行派。
お勤め辞めてガラスを始めるときも、そうだった。
途中で自分をあきらめないように、必ず友人や家族に強く断言してから。

さて、今口に出したい願い事は?
人生かわるほどの願い事ではないけれど、、

地方での展示、門仲、清澄白河付近で今よりもう少し広い場所(20坪〜くらい)への工房のお引っ越し。

あ、、いっちゃった。いっちゃった。
どちらも良い情報をこっそりとお待ちしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

食は大事

個展終了後、不足している栄養を取り戻すようにきちんとご飯をつくって食べる。
昨日はどうしてもとんかつが食べたくて、がっつりとんかつ。いただいたさわらで竜田揚げもして大満足。

寒い日は鍋で、元気がなかったら肉を食べたり。
食がきちんとするとやっぱり元気になるし、満たされる。

こどもたちもやっぱり嬉しそうでいいね。

でも揚げ物をたくさんすると換気扇の掃除もしなくちゃ。

これが苦手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お礼まで

galleria ACCaさんでの個展、終了いたしました。
たくさんの方にご高覧いただきありがとうございました。

個展はこれで4回目でしたが、これまでで一番私らしい内容だった気がしています。
会期中、先輩後輩、友人たちにご覧いただき、貴重なご意見ご感想をいただく事は、有り難く勉強になります。
そしてホームページ、ブログなどをご覧になり、初めてお運びいただく方との出会いもまた、ほんとうに嬉しいものです。

一歩一歩をしっかり踏みしめ、進んでいきたいと思っております。

apecial thanks:
ガレリア・アッカさん、貴重な機会をいただきましてありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かるた&びわ湖

今日は娘の学校行事の「ビッグかるた大会!」。
行事の係だったのです。
前々からの準備をして、いざ、本番でございました。

大きな絵札に大きく絵を描き、読み札も考えてもらう。
「たらふくたべたよたぬきのおなか」
「じんじゃにいったらこわかった」

など、こどもならではのほのぼのかるた。

一位、二位の子には賞品、これまたビッグ キャベツ太郎をプレゼント。

1f04101_a320

 

 

 

 

 

 

終了後、かるた大会でも大活躍!のご近所のイラストレーターご夫妻とお嬢さんと世田谷の串カツ田中へ行き、新年会&プチ打ち上げ。
ダンナ様のMさん、うちのダンナに琵琶湖情報を聞き、なのやらひらめいたご様子。

今進めているお仕事らしい。我が家もとても楽しみ。
ひこにゃんに対抗するべくキャラ、生まれるか??




プライベート充実の一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エール

昨日まではまるで春のような暖かさ。
変わって今日はまた寒いですね。「春隣」です。

先週のボロ市の賑わいが嘘のような、平日、ひっそりとした上町です。
のんびりと番してます。

さっきいらしたお客様は年配のご夫妻。
はるばる遠くから、お越し下さったとの事。

作品をひとつひとつ手に取り、ぽつりぽつりつぶやきながらゆっくりとご覧になっていた。

「ぐいのみには少し大きいかな」
「ビールにはちょっと小さい」
「乾きものを入れるのにいいね」

と、きっとお酒好きの仲良しご夫婦。

でもひとつひとつのつぶやきは実に的を得ている。
作り手サイドのこだわりや作りやすい大きさや、デザイン、華飾だけでは、やっぱり人の心を掴めないこともある。
私自身、肝に銘じなきゃ。

そしてそう仰いながらも一つお求め下さった。
若い作家たちへのエールを込めて。


 

ありがとうございます。
励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧